Python 例外処理2

  • 2017年4月26日
  • python

Pythonで例外を扱う方法です。
今回はraiseを使用し、呼び出し元に例外を返す方法をご紹介します。


書き方としては、except句内にraiseと書くだけです。
・例外が発生しないパターン

# -*- coding: Shift_JIS -*

def exception_test(val1, val2):
    print('スタート')
    result = 0
    try:
        result = val1 + val2
    except:
        print('excepttion発生')
        raise
    finally:
        print('終了')
    return result

try:
    print(exception_test(100, 200))
except:
    print('raiseにより呼び出し元で例外を受け取りました。')

実行結果
1

・例外が発生するパターン

# -*- coding: Shift_JIS -*

def exception_test(val1, val2):
    print('スタート')
    result = 0
    try:
        result = val1 + val2
    except:
        print('excepttion発生')
        raise
    finally:
        print('終了')
    return result

try:
    print(exception_test(100, 'aaa'))
except:
    print('raiseにより呼び出し元で例外を受け取りました。')

実行結果
1


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>