Python 繰り返し文 for

  • 2017年4月17日
  • python

Pythonで繰り返し文のforを使用するサンプルです。

for文の構文

for var in expression:
    処理
else:
    処理

range関数を用いた繰り返し処理

まずはrange関数を使用してでのサンプルです。
繰り返し処理をさせる場合は、for文移行を字下げします。
以下の繰り返し処理1、2を比べてみてください。
1は数字のみ繰り返しますが、2は数字.数字.と表示されます。
JavaやC#だとforの範囲を明示的に指定しますが、Pythonはそうではないのが特徴です。

# -*- coding: Shift_JIS -*

# range関数による繰り返し処理
print("繰り返す回数を入力してください")
valInput = input()
print("繰り返し処理1 開始")
for var in range(0, int(valInput)):
    print(var)

print("繰り返し処理1 完了")

print("繰り返し処理2 開始")
for var in range(0, int(valInput)):
    print(var)
    print(".")

print("繰り返し処理2 完了")

配列を用いた繰り返し処理

# -*- coding: Shift_JIS -*

# 配列による繰り返し処理
array = ['1', '2', '3']
print("繰り返し処理1 開始")
for var in array:
    print(var)

print("繰り返し処理1 完了")

実行サンプル

# -*- coding: Shift_JIS -*

# range関数による繰り返し処理
print("繰り返し処理1 開始")
for var in range(0, 3):
    print(var)

print("繰り返し処理1 完了")

1

f

 

 

or文のスコープ外で字下げすると、コンパイル時にエラーになります。

# -*- coding: Shift_JIS -*

# range関数による繰り返し処理
print("繰り返し処理1 開始")
for var in range(0, 3):
    print(var)
print("繰り返し処理1 完了")
    print("for文のスコープ外での字下げ")

2

 

 

continue、breakも使用可能で、while文でサンプルを紹介してます。


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>