カテゴリー別アーカイブ: DB

oracle osqleditの挙動 パスワード有効期限切れについて

osqleditでOracleに接続する際に、パスワード有効期限が近付いたときの警告が表示されると、ログインできなくなる。
コマンドラインからのログインは問題ない。
sqldeveloperも問題ない。

対処方法は、パスワードを変更すること。

alter user ユーザ名 identified by パスワード;


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

Oracle エクスポート時にテーブルが欠ける件

Oracle エクスポート時にテーブルが欠ける件についての対処法です。
続きを読む


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

Oracle 外部からDBに接続できない件

Oracle ExpressをWindows7にインストールしたが、ローカルからは接続できるが、外部からの接続に手間取ったので、メモを残します。
続きを読む


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

oracle 既存オブジェクトへの上書き

既存のオブジェクトに対してimportするときに、新規インポートと同様にするとエラーが発生する。

そこで下記オプションをつけることで、上書き可能となります。
ignore=y


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

UNDO領域縮小

環境にあわせて読み替えて下さい。

・現在 UNDOTBS1
確認方法は以下
SELECT SEGMENT_NAME, OWNER, TABLESPACE_NAME, STATUS FROM DBA_ROLLBACK_SEGS;

・一時退避領域作成
create undo tablespace UNDOTBS2 datafile ‘C:\app\Administrator\oradata\サービス名/undotbs02.dbf’ size 10m;
・紐づけ
alter system set undo_tablespace = ‘UNDOTBS2′;

・削除、再作成
drop tablespace UNDOTBS1;
create undo tablespace UNDOTBS1 datafile ‘C:\app\Administrator\oradata\サービス名\undotbs01.dbf’ size 100m reuse autoextend off;
alter system set undo_tablespace = ‘UNDOTBS1′;

・削除
drop tablespace UNDOTBS02 including contents cascade constraints;

・確認
SELECT SEGMENT_NAME, OWNER, TABLESPACE_NAME, STATUS FROM DBA_ROLLBACK_SEGS;
 


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

データファイルの作成方法

ユーザを作成する際に、データファイルとの紐づけが必要です。
作成方法は以下で、下記コマンドを実行すると初期サイズ100MBで自動拡長のデータファイルが作成されます。

CREATE TABLESPACE
スキーマ名 DATAFILE
‘C:\app\Administrator\oradata\サービス名\スキーマ名.dbf’ SIZE 100M REUSE AUTOEXTEND ON
MINIMUM EXTENT 1M
DEFAULT STORAGE ( INITIAL 1M NEXT 1M MINEXTENTS 1 MAXEXTENTS 4096
PCTINCREASE 0) ;


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

DBFファイル削除方法

DBを運用しているとファイルサイズが肥大化し、DBFファイルを削除する必要がでてきます。

・DBFファイルと状態
select file_name,tablespace_name,status,online_status from dba_data_files;

・スキーマ削除
drop user スキーマ名 cascade;

・DBFファイルの状態をオフラインに変更
alter database datafile ‘C:\app\Administrator\oradata\インスタンス名\スキーマ名.DBF’ offline;

・DBFファイルの管理から削除
alter database datafile ‘C:\app\Administrator\oradata\インスタンス名\スキーマ名.DBF’ drop;
この時点でSELECTできなくなります。

・DBFファイル削除
drop tablespace スキーマ名 including contents CASCADE CONSTRAINTS;

この時点でDBFファイルが削除されていない場合は、オラクルサービスを停止し、ファイル削除する。


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

テーブル、インデックスのinitialの変更

alter index インデックス名 rebuild storage ( initial 1m );
alter table テーブル名 move storage(initial 1m);

 


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

OracleからMySQLへのデータコンバート(環境構築編)

mysql-migration-toolkitを使用して、データのコンバートを実施します。

まずは
JRE5.0を事前にインストールする必要があります。

JRE5.0はここからダウンロード

https://www.dropbox.com/s/iub3at6f48cq14u/jre-1_5_0_22-windows-i586-p.exe?dl=0

つづいて、
mysql-migration-toolkitのインストール

mysql-migration-toolkitはここからダウンロード

https://www.dropbox.com/s/qhol3ulqm2hkqt7/mysql-migration-toolkit-1.0.25-win32.msi?dl=0

Oracleからデータを参照する際に、OracleClientが必要です。

インストール方法はこちらをチェック

http://www.sakutyuu.com/technology/?p=272


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket