Python 関数 def

  • 2017年4月19日
  • python

Pythonで関数 defを使用する方法


Pythonで関数を使用する場合は、以下の構文を使います。

def 関数名(引数1, 引数2, 引数n)
関数の処理1
関数の処理2
関数の処理n

関数内の処理は字下げ(インデント)し記述します。

関数 引数無し、戻り値無し

関数を呼び出し、hogehogeと画面に表示します。

# -*- coding: utf-8 -*-
def show():
    print ("hogehoge")

#関数の呼び出し
show()

関数 引数有り、戻り値無し

関数に2つの変数をわたし、足し算、引き算、掛け算した結果を画面に出力します。

# -*- coding: utf-8 -*-
def add(x, y):
    print (x + y)
    print (x - y)
    print (x * y)

#関数の呼び出し
add(3, 5) 

関数 引数有り、戻り値有り

2つめのサンプルの進化形です。
計算結果を戻り値で戻した後に画面出力します。
他のプログラミング言語と違い、Pythonでは戻り値を複数定義できる
ところおもしろいですよね。

# -*- coding: utf-8 -*-
def add(x, y):
    return ((x + y),  (x - y),  (x * y))

#関数の呼び出し
x, y, z = add(3, 5)
print(x)
print(y)
print(z)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>