powershell 入門 繰り返し制御 For While

今回はpowershellで繰り返し制御を使用する方法をご紹介します。

主にfor文とwhile文をみていきます。

まずfor文ですが、


for (<初期化>; <条件>; <繰り返し処理>)
{
繰り返し実行するコードブロック
}

例)5回画面にカウントを表示
countを0で初期化し、countが5になるまでカウントを表示します。

for ( $count = 0; $count -lt 5; $count++ )
{
    Write-Host ("カウント" + $count)
}

powershell12

つづいてwhile文です。
while (条件)
{
繰り返し実行するコードブロック
}

例)10回画面にカウントを表示

$count = 0
while ( $count -le 10 )
{
    Write-Host "Count: $count "
    $count ++
}

powershell13

繰り返し制御を途中でやめたい場合は、break
処理は継続させますが、先頭にループさせたい場合にはcontinueを使用します。

 
 

 
 

powershell記事一覧


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )