Azule Api appでWEB APIでキューストレージへの投入

  • 2018年5月14日
  • Azule

Azuleでブラウザからストレージキューにデータを投入するサンプルです。

1.ストレージアカウントを作成します。

「ダッシュボード」を押下します。

001

 

 

 

 

 

「Storage」を押下します。

002

 

 

 

 

 

赤枠に任意の値を入力、選択します。

※名前は重複不可

作成ボタンを押下します。

004

 

 

 

 

作成後、右上に作成中のむね、メッセージが表示されるので、数分待ちます。

005_デプロイ中

 

 

 

 

作成されると以下のように、画面に表示されます。

006

 

 

 

 

赤枠のように選択していき、キューを押下します。

007_ストレージタイプの選択

 

 

 

 

キューを押下します。

008

 

 

 

 

任意の名前を入力します。

009

 

 

 

 

正常に作成すると以下の画面のようになります。

010

 

 

 

 

クライアントの設定をします。

パッケージマネージャコンソールを立ち上げます。

以下のコマンドを実行します。

Install-Package WindowsAzure.Storage -Version 4.3.0

012

 

 

 

 

セットアップが終わったら、キューストレージにデータを投入する為のコードを追記します。

※http://www.sakutyuu.com/technology/?p=1676のセットアップまで完了していること

013_ソース修正

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Net.Http;
using System.Web.Http;
using Microsoft.WindowsAzure.Storage;
using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Auth;
using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Queue;

namespace WebApplication2.Controllers
{
    public class MyParemeter
    {
        public string val1 { get; set; }
        public string val2 { get; set; }
    }

    public class DefaultController : ApiController
    {
        // /api/HelloWorld
        public string Get([FromUri]MyParemeter parameter)
        {
            String ret = "val1:" + parameter.val1 + "aaa"+ "," + "val2:" + parameter.val2 + "bbb";

            // CloudQueueClientインスタンスを作成する
            var accountName = "test0514";
            var accessKey = "7LT8DRTRvauOmaNyySKpeAe1uExkhXPjWMmPnuqs0en2wtE9FaTyM14emhRhwTRV7KAVri1llJgk6YPQK9SHAQ==";
            var credential = new StorageCredentials(accountName, accessKey);
            var account = new CloudStorageAccount(credential, true);

            // Queueクライアントクラスのインスタンスを取得する
            var client = account.CreateCloudQueueClient();

            // Queueへの参照を取得する
            var queueName = "testque";
            var queue = client.GetQueueReference(queueName);

            // Queueが存在しない場合、作成する
            queue.CreateIfNotExists();

            // メッセージをエンキューする
            var message = new CloudQueueMessage(ret);
            queue.AddMessage(message);

            return ret;
        }
    }
}

accountName 、accessKeyには下記キャプチャーのストレージアカウント名とキーを入力します。

queueName にはキュー作成時の値を入力します。

014_キー名

 

 

 

 

ブラウザからの実行結果

下記キャプチャーのようにキューストレージにデータを投入することができました。

015_キュー結果


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>