PowerShell Excell シート追加

PowerShellでExcellのシート追加をするサンプルです。

# Excel操作 シートの操作編

# Excelを操作する為の宣言
$excel = New-Object -ComObject Excel.Application

# 可視化する
$excel.Visible = $true

# 既存のExcelファイルを開く
$book = $excel.Workbooks.Open("C:\powershell\test.xlsx")

# 新しいワークシートを追加する
$book.Worksheets.Add() 

# 上書き保存
$book.Save()

# Excelを閉じる
$excel.Quit()

# プロセスを解放する
$excel = $null
[GC]::Collect()

・実行前
1

・実行後
2

シートを追加すると先頭に配置されるようです。


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket




コメントはまだありません


You can leave the first : )